カモシカジェイピー    
カモシカジェイピー HOME ログイン マニュアル お申し込み ユーザHelp!
カモシカジェイピー
 
サービス
システムと料金
ホスティング
共用独自SSL
VPS
専用サーバー
レンタルDNS
2ndMX
お申し込み
ホスティング
共用独自SSL
VPS
専用サーバー
レンタルDNS
2ndMX
 
カモシカジェイピーは、メールの不安、トラブル解消のために開発された、共用からセカンダリメールサーバーを搭載する総合サーバーサービスです。
 
お知らせ
2015.12.05
サービス復旧いたしました。
大変お待たせいたしまして申し訳ございません。AM9:44 サービスの方、復旧いたしました。引き続き不具合などがないか監視等を行います。

2015.12.05
サービス一時停止のお詫び
大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。コントロールパネルのアップデートに付随するコンポーネントの破損により、Web、メールともに利用が不可能な状態になっておりました。そのためご案内も遅くなりまして申し訳ございません。制作したメーカーの協力のもとサービスの復旧作業を逐次続けております。

2015.9.16
メールの遅延について
本日、一部のユーザのメールアドレスのパスワードが漏えいしたことによりメールの大量配信に利用されました。
強制的に一部ドメインのパスワードを変更いたしております。メールアドレスのパスワードが簡単になりすぎないように必ずご対応いただくとともに、 ご利用のPCなどのセキュリティ対策も行って頂きたく、何卒よろしくお願いいたします。
悪用されたものを削除するなどのためメール送信サーバーを断続的に一時停止する可能性がございますことを、ご容赦くださいませ。

2015.9.04
新規ドメイン取得、新規お申し込み時のドメイン移転手続きを再開いたします。
管理等が一括で行えずにご不便をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。引き続きご愛顧賜りたく、何卒よろしくお願いいたします。

2015.5.18

事業譲渡のお知らせ
お客様各位 事業譲渡に関するお知らせ 拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、この度、有限会社メディアグラフィカが運営するレンタルサーバー事業カモシカジェイピー(http://kamosica.jp)を平成27年5月18日付けで株式会社キーステージ21に譲渡することに相成りました。

これまでご愛顧頂いてまいりましたカモシカジェイピーサービスの全てにおきまして、カモシカジェイピー立ち上げ当初からサービス互換関係にあった株式会社キーステージ21に承継され、従来通り御安心できる設備環境並びにサポートを継続させていただける手はずとなってございます。

全てのお客様にとって、ご迷惑とならないよう円滑に業務の引継を行いますので、事情のご賢察と御理解賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 長年にわたり、有限会社メディアグラフィカ・カモシカジェイピーをお引き立てくださいまして深く感謝いたすとともに、今後は株式会社キーステージ21に対しましても、今まで以上のお引き立てを賜りたく、謹んでお願い申し上げます。

なお、本件におきまして、ご不明点やご質問がございましたら、下記の有限会社メディアグラフィカ連絡先(info@media-g.co.jp)へお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。 まずは、略儀ながら書中をもって、ご案内、ご挨拶申し上げます。

敬具

平成27年5月吉日 有限会社メディアグラフィカ 代表取締役社長 藤田 大輔



【事業継承先会社/所在地】

株式会社キーステージ21 代表取締役社長 大久保 正弘
ITシステム業務担当者 大久保 政実
本社 〒192-0062 東京都町田市小山ケ丘4-7-2-818 TEL.042-634-9137 / FAX.042-634-9138
八王子事務所(IT・出版 一般業務窓口) 〒192-0062 東京都八王子市大横町1-9Kビル4F http://www.keystage21.co.jp info@keystage21.co.jp

2014.4.9

2014.4.9pm9:40現在、復旧作業を終え、サービスを再開しています。
パスワードの設定におきましては、短すぎるものや単純で類推しやすい綴りでの設定を、控えていただけますよう何卒、よろしくお願い申し上げます。

一部のお客様におきまして、パスワード流出による悪用が確認されている関係で、2014.4.9pm7:00〜現在、メールサーバを停止しております。復旧次第、当サイト上にてご連絡いたします。

2012.9.25

マニュアルにPLESK11コントロールパネル経由のアクセス解析(ウェブ統計-Awstats)を追加しました。説明ページはコチラ

2012.9.10

アフィリエイトならイークリック只今弊社では、アフィリエイター募集中
◎初回登録で1,000円キックバック
◎弊社ホスティング契約1件につき、5,000円バック
◎最低換金額は5,000円ですので、1件売れる度にキックバック発生です。
◎マルチドメイン対応
◎自己申込OK
◎バナー、テキスト、メルマガ対応

2012.8.16
サーバー管理パネルPLESK8.4をPLESK11.0へバージョンアップさせました。
バージョンアップに伴い、主に、ホスティングサービスの概要が変わりました。詳しくはこちらをご覧ください。また、管理パネルのバージョンアップにより、関連するスクリプト類のバージョンも上がりました。

それによって、旧バージョンのphp作成のプログラムが動かない等の影響が散見されています。何かトラブル等ございましたら、ユーザーHelp!より、お問い合わせください。

2009.9.7
下記の日程でPHP5へアップデートを行います。
9月21日 AM3:00〜

尚、PHP4を厳格に対象としたスクリプトを動かされてる
ウェブサイト様には、動作に影響がでる可能性がございます。
その場合は、有償にて検証・修正対応を請け賜わりますので、
ユーザHelp!より、お問い合わせください。

今後ともKAMOSICA.JPをよろしくお願いします。

2009.8.28
サービス料金据え置きによる容量増加をお知らせします。
■320MB→1GB(1000MB)
■640MB→2GB(2000MB)
■1000MB→3GB(3000MB)
■2000MB→6GB(6000MB)
今後ともKAMOSICA.JPをよろしくお願いします。

2009.7.2
「受信はできるけれども送信が出来ない(※Outbound Port25ブロック)」状況におきまして、
マニュアル(http://KAMOSICA.JP/faq/pc_mail.htm)にて、かならず、「smtp認証を入れられて」、
サブミッションポート(587)」へのご変更をお願しておりますが、
お使いのメールソフトによりましては、挙動が異なり、サブミッションポート587でsmtp認証設定をしても
送信できないケースがございます。その対処に、ポート「588」で PopBeforeSMTP/SMTP認証を使えるように
しておりますので
、該当されるユーザ様は送信ポート588をお試しください。
---
※Outbound Port25ブロック
メールを送信する際に、「サーバーと通信しようとして、タイムアウトが発生しました。アカウント ○×△ドメイン サーバー○×△ドメイン プロトコルsmtp ポート25 セキュリティssl なし エラー番号、、」などと表示され送信できない事がございます。
この現象は、お客様がご利用の接続プロバイダ(ISPサービス)による「Outbound Port25ブロック(「メール送信サーバ」への接続を出来ないように制限をかける機能で、迷惑メール防止策の1つです)」に因るものでサーバ回線トラブルとは関係ございません。

2009.7.2(AM4:30)
現在、通常表示に戻っております。

2009.7.2(AM3:23)
現在、一部、Web表示の遅延が確認されております。
FTP、メール、管理パネルへのログインにつきましては正常稼動です。
引き続き原因を調べてございます。御迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

2009.6.28(PM4:29)
現在、通常表示に戻っております。

2009.6.28(PM3:40)
本日、午後3時40分より、一部、Web表示の遅延が確認されております。
現在、原因究明中でございます。御迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

2009.5.9
jpドメイン名の取得・更新費の変更をお知らせ致します。
属性型jpドメイン→取得(旧)6,500円→(新)6,000円 更新(旧)6,500円→(新)4,500円
汎用型jpドメイン→取得(旧)4,500円→(新)3,500円 更新(旧)4,500円→(新)3,500円

2009.3.4

共用SSLに独自ドメインが初期設定費無料10,500円/年更新(税込)のみにて使用できるようになりました。
メール(国内では初めて)も送受信共にご利用いただけます。 証明書のブランドはCOMODO SSL(ブラウザの互換性は99.3%.VeriSignやThawteと並ぶ有名ブランドの一翼を担っています)内で売られておりますpositive sslとなります。サイトシールも無料で御使用可能です。

お申込みにつきまして::
ユーザHelp!より、共用SSLに独自ドメインについて と記されて、
お申込みドメイン名とともにお申込みください。
公開URLは、
・https://お客様の独自ドメイン名 もしくは、
・https://www.お客様の独自ドメイン名 いずれかの形式をご指定いただけますので、
お申込時にご申告ください。

事前ご留意事項::
・使用対象ドメインは当面、 独自ドメイン名のみとさせて頂きます(サブドメインは対象から外れます)。
・存在証明がないので携帯では一部見られない場合がございます。

補足::
●バーチャルドメインホスティングサービスにて独自ドメイン使用SSL証明書が使える。
●ウェブサイトのみならず、POP,IMAP,SMTPにも適用される。
・・・これまでは、SSL証明書を入れるには固定IPが別途必要でしたが、今回の技術革新によってセキュアな環境が安価に築けることになりました。VPS、専用共に使えますのでVPSを1個契約されて、複数ドメインを運用されたい方にも非常に便利になるかと存じます。従来、バーチャルサーバーサービスにおいてSSLを使うのは、オレオレ証明になるため、技術的な問題がある、使用にはある程度の技術的理解がなければ・・・と弊社の「よくある質問(http://KAMOSICA.JP/ques/index.htm)」コーナーにて訴えて参りましたが、今回、漸くその辺りの解決の糸口がつかめたかたちとなりそうです。

2009.1.9
bingo!CMSデザイナーが欲しかったCMS「bingo!CMS」の動作確認が取れました。
こちらのソフトは、デモをご覧いただくとお分かり頂けますが、ドラッグ&ドロップによる直感的な操作感覚で、PHPなどのプログラムを意識せずに高品質なページ制作が可能です。無料体験はこちら(http://www.bingo-cms.jp/start/

2009.1.7

管理パネルに メールボックス使用量確認ボタンを設置しました。

ご利用は簡単です。
カモシカサーバへログイン > カスタムボタン欄 > 「メールボックス容量チェック」ボタンをご確認頂けます。
クリックいただきますと、 次頁に「容量測定」ボタンが表示されますので、それをクリックしてください。
お客様が作成されたメールアカウントの使用量が目視できますので、溜まりゆくメールの整理にお役立て下さい。

本年もKAMOSICA.JPをどうぞよろしくお願いいたします。

2008.9.4  PM7:00〜
正午過ぎから続いてきたメール送受信ならびにweb表示の断続遅延につきまして、その原因をつきとめ、対処も終了し、現状回復しましたのでご報告申し上げます。

今件の過負荷の原因は、特定サイトへのアクセスが一時的に極端に増大、併せて特定サイトのスクリプトによるデッドロックが起こったのが主な要因でございました。過負荷に陥った今件の当該スクリプトは既に停止措置させて頂いております。使用されるスクリプトにつきましては、充分な検証を行った上でお使い下さいます様、お願い申し上げます。
尚、一部で断続的遅延があったものの、サーバそのものは落ちてございませんので、データ保全の面では、特にご心配要りません。
以上、どうぞ宜しくお願い致します。

2008.9.4
 
ご迷惑をおかけしておりまして申し訳ございません。
本日、午後12時半過ぎより、一部で断続的にメールの遅延ならびに、コントロールパネルへのログインエラー、
Webも重くなっている事態が確認されております。
現在、原因の究明中でございます。復旧次第、Webでの告知に加え、お問い合わせ頂いております
お客様全てにお電話にてご連絡申し上げます。

2008.8.6
パワーユーザに人気の法人パワーVPSのご利用料金を大幅改定しました。
初期費用15,000円 → 永久無料
ウイルスチェック無 → 26,250円 → 19,950円 (月額6,300円、年間75,600円OFF)
ウイルスチェック有 → 31,500円 → 25,200円 (月額6,300円、年間75,600円OFF)
*専用サーバー並にサービスを提供したいが、サーバ管理者がいなくて困っている・・
*専用サーバーではコスト高、テストケースで始めたいビジネスモデルをお持ちの方・・
*消費電力量、持続的地球環境が気になる、CSR志向の方・・などなど、
お気軽にお問い合わせください。VPSの詳しいスペックはこちら

2008.7.14
OSアップデートに伴い、データベースサーバのバージョンも上がっております。
データベースの文字化けが起こるなどが発生した際には
DB名
DB User名
DB Password DBで、
通常使用したい文字コードがわかる場合は書き添えてください。
また、「 ご利用プログラムのURL 」をご連絡ください。
システムで一旦データベースデータを全て取得した上で再度入れ込みを行います。

2008.7.14
KAMOSICA.JPご利用の皆様 いつも当サーバをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
7月13日(日曜*深夜)のOSバージョンアップを無事終了し、RAM8GBフル対応となりました。

尚、今回のバージョンアップに際しまして、一部のユーザ様より、メール送受信において
エラーが出るとのお問い合わせを頂戴してございますが、下記の点を見直されてください。
--------------------------------------------------------
メールソフトウェア上
メールアカウントの設定ですが、
メールアドレスと同一になさって頂いていらっしゃるか・・・

例: info@お客様ドメイン名 であれば、
メールアカウントは、  info
ではなく、
info@お客様ドメイン名 とするようになっております。

--------------------------------------------------------
以前では、省略も、一部省略も可能なメールソフトもありましたが、
アップデートに伴い制限が厳しくなり(=セキュリティが厳しくなり)、 サーバ仕様書記載通りのルール、すなわち、「メールアドレスと同一」で設定を必ずする必要がございます。 サーバトラブル等の類ではございませんので、データ保全等のご心配は要りません。エラーが出てしまうユーザ様は、お作りいただいているメールアカウントにおいて、お見直しと再度設定を宜しくお願い申し上げます。
------------------------------------------------

2008.6.23
KAMOSICA.JPご利用の皆様 いつも当サーバをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
6月22日(深夜)の環境設備増強が無事終了しました。
今回の環境設備増強による移転並びに、サーバ機器増強におきまして、KAMOSICA.JPのハード増強を以下に行いました。

メインサーバ 
*CPU : 現状維持
*RAM : 2GB→8GB 

セカンダリメールサーバ
*CPU : PentiumM → CoreDuo2GHZ
*RAM : 2GB→4GB

尚、メインサーバは、現在32bit OSのため、 現状では4GBリミットが効き、3.5GBまでとなっております。
来月のOSのバージョンアップ(Debian Etch にアップデート)等におきまして、搭載メモリへの完全対応を予定しています。

以上、KAMOSICA.JPを今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

2008.5.21
臨時サーバメンテナンス続報(時間帯変更のお知らせ)
いつも当サーバをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

下記日程にて、環境設備の増強と前回の断念以来、タイミングを探っておりましたOSのバージョンアップを行います。
サーバメンテナンスに時間がかかるため、両作業を同日には行わず、それぞれ別の日取りとさせていただきます。

■データセンター設備増強
日程:6月22日(日)
時間:PM1:00-(停止予定時間約30分)→AM2:00-(停止予定時間約30分)
内容:ラック増設、ラック内ハード機器増強等

■サーバメンテナンス
日程:7月13日(日)
時間:AM2:00-6:00
内容:OSのバージョンアップ(debian serge→Debian Etch)、ソフトウェア、セキュリティのアップ等

前回の告知と同じく、バージョンアップに伴いセキュリティやソフトウエアのバージョンも大幅にアップしますので、その傍らにおいてスクリプトの動作に影響がでる可能性がございます。
不具合が出た場合は無償対応申し上げますので専用フォームよりお問い合わせください。
---
ご利用中の皆様方には、メールにて、時間変更の旨を送信申し上げてございます。
ご確認のほど宜しくお願いいたします。


2008.5.7
ビジネスパートナー様を募集中。
事前打合わせを充分に行い、双方にとりまして、WinWinの関係を築けるパートナー様を募集申し上げます。
カモシカユーザ様は、<ユーザHelp!>より、それ以外のお客様は、<お問い合わせ>よりお願いします。

2008.5.7
月極振替サービスを開始しました。
振込日をうっかり忘れてしまう等の心配がなくなります。
新規でご利用を希望される場合は、オーダーフォームより振替サービスをお選びください。
ユーザ様がご利用になる場合は、<ユーザHelp!>よりお問い合わせください。

弊社指定の振替用紙に必要事項をご記入いただきまして、御返送いただきます。
お申込みからお手続完了までに約2ケ月かかりますので、予めご了承ください。

2008.3.22
臨時サーバメンテナンス中止のお知らせ
いつも当サーバをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

3月23日のサーバ臨時メンテナンスにつきまして、先週より告知申し上げて参りましたが、
OSのアップグレードにより、コントロールパネルの動作に一部不具合が発生することが確認されましたため、
急遽、臨時メンテナンスを延長する運びとなりました事をお知らせ申し上げます。

臨時メンテナンスの日程は、後日、改めてお知らせ申し上げます。
お忙しいところ恐れ入りますが、何卒、宜しくご査収くださいますようお願いいたします。

2008.3.6
臨時サーバメンテナンス概要
いつも当サーバをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

KAMOSICA.JPでは、下記の日程で、臨時サーバメンテナンスを行います。
日程:3月23日(日)
時間:AM1:00-6:00
内容:debian sergeのセキュリティアップデート終了(3/31)を控えてのDebian Etchへのバージョンアップ

尚、バージョンアップに伴いセキュリティやソフトウエアのバージョンも大幅にアップしますので、その傍らにおいてスクリプトの動作に影響がでる可能性がございます。不具合が出た場合は、弊社にて、無償対応申し上げますので専用フォームよりお問い合わせください。

以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

2008.3.5
過負荷になる状況につきまして最終報告です。

3日より、一部ネットワークにおきまして、受信メールサーバの応答に遅延(※サーバが落ちてる訳ではありませんので、データ保全の面では心配はございません)が確認されておりましたが、精査と対処を進め正常稼動を確認するに至りましたので、御報告申し上げます。

メールボックスに大量のメールが蓄積された状態で、webmailを利用すると、サーバが過負荷になります。 メールソフトウェアとは違い、webmailの場合におきましては、1件ずつの内容をサーバ上で展開し、件名などを出力します。日本語のdecodeを行う処理などが入りますので、大量のメールがあると、サーバリソースを使い果たします。
そのため、
1)webmailを利用する場合・・・
メールボックスにメールを大量に蓄積しないようにお願い致します。 その場合、メールソフトウェア、imapクライアントをお使い頂ければ、さほど問題にはならないと考えられます。

2)POP,imap接続について・・・
自動受信等につきましては、一部で秒単位でのご指定を確認致しましたが、分単位でのご指定にてお願い致します。

3)メールの蓄積についてあまり多く蓄積されないよう、お願い致します。
以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

2008.3.4
受信メールサーバ応答遅延についての続報です。
本日も午前中より、断続的に過負荷状態が続いており、大変申し訳ございません。


2008.3.4
受信メールサーバ応答遅延についての続報です。
昨日の17:40に一度サーバの再起動をかけさせて頂いております。再起動後は、Timeoutの発生が確認できておりませんが、 引き続き監視を行った上、対応を取って参ります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2008.3.4

昨日より、メール受信サーバへの接続数が非常に増えており、一部、受信メールサーバの応答が遅延している状況が確認されております。 ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 もし、自動受信をされている場合には、 メールの自動受信間隔を長めに設定くださいますよう、 よろしくお願い申し上げます。

2008.2.4
320MBコースのデータベース利用を標準装備とし、3つまで設定可能といたしました。

2007.10.3

違いのわかるパワーユーザ様に好評のVPS増設・2次募集のお知らせをいたします。 当社でサーバーとサーバー用ソフトウェアを提供し、 コントロールパネルから簡単に設定が出来て、専用サーバーーと同様の管理者権限 が使えます。 サーバー1台あたり、5VPSを収容、、、詳しいスペックはこちらをご覧ください。

2007.9.30

500MBコースを640MBへ容量増量いたしました。
2週間無料お試しコースを御用意しました。ご利用前の不安は、こちらのサービスで一掃ください。
2週間返金保証制度を設定しました。お申し込み後、理由の如何にかかわらず2週間以内は返金保証いたします。

2007.9.10

2007.9.10.AM2:00 KernelのセキュリティFIXの関係でサーバーを再起動しました。(再起動に要した時間は1分程度で、作業は無事終了しております。)

2007.8.10
法人向けVPS売り切れました。
1ユーザあたり512MBのRAM割当をお約束するハイスペック且つコストパフォーマンスに長けた法人向けpパワーVPSコースは、ご好評を賜り、売切れとなりましたので本日を持って新規受付を停止致します。



2007.5.6
(エンドユーザ様には違和感をおぼえさせてしまうかもしれませんが)POPサーバ名をwww.KAMOSICA.JPとしまして、POP over SSLを使えば証明書エラーで怒られないように設定を変更いたしておきました。



2007.2.11
320MBコースご利用のお客様方に朗報です。ユーザHelp!からの申請(無料)によって、MySQLもしくは、postgreSQLのどちらか一方のご使用を可能とさせていただきました。MovableTypeやWordpressなどのご利用が便利になります。


2007.1.29
アフィリエイトスタッフ募集中。当アフィリエイトシステムは2ティア制です。システム詳細は、こちらをご覧ください。

2007.1.28
サービス改定のお知らせ
.com.net.info.org.bizドメイン取得無償サービスを終了しました。
ウェブ制作、印刷物制作につきましては、制作部門よりお問い合わせください。

2007.1.9
あけまして、おめでとうございます。
サポート・KAMOSICA.JPです。
旧年中は、大変お世話になりました。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2006.11.4
KAMOSICA.JPOPEN1周年感謝御礼!料金据置全コース増量キャンペーンを実施します。より魅力の増したKAMOSICA.JPを今後ともよろしくお願いします。
■120MB→320MB
■300MB→500MB
■500MB→1000MB
■1000MB→2000MB
2006.9.27
法人向けパワーVPSの登場です。RAM512MB×HDD15GBのパワースペックを、何と!月額26,250円よりご利用いただけます。詳細は、こちらをご参照ください。
2006.9.〜
WebサーバのSuExecの挙動が「より厳格になった」ことにより以下の場合、影響を受けます。
・cgi-binに置く場合
/cgi-bin 内に「ディレクトリ」を作らずにそのまま設置しているケース
->ディレクトリ所有者が、Server管理者となっており、
ftpアカウントと異なるためにインターナルサーバエラーを起こす

・httpdocs以下に置く場合
/httpdocs 内に「ディレクトリ」を作らずにそのまま設置しているケース
->ディレクトリ所有者が、Server管理者となっており、
ftpアカウントと異なるためにインターナルサーバエラーを起こす


回避策
1.1つディレクトリを作成してください。
/cgi-bin/hogehoge/nantoka.cgi
というように、1つディレクトリを作成すれば、その設置ディレクトリの所有者は、
【お客様のFTPアカウントのユーザ・グループ】となり、この問題を回避することができます。(httpdocs配下、httpsdocs配下であっても同様となります。)

2.どうしてもディレクトリを作成することが出来ない場合
ftp userの権限にcgi-binとhttpdocsをこちらの方で変更します。

2)で対応することも可能ですが、サーバ管理ソフトの初期設定とは食い違ってくることから、できる限り、1)の、ディレクトリを作成してユーザ様側でご対応頂きたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご不便・ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

2006.9.6
KAMOSICA.JPでは、OpenPNEの動作を確認しております。Xoops共にご利用可能です。
2006.9.1
GeotrustSSL証明書のサイトシールをトップページから外しました。
KAMOSICA.JPのトップページが読み込まれる度に、Geotrustへ証明書の整合性を読みに行く為、トップページ表示に多少の遅れが生じます。 サイトシールのデータベースのメンテナンス中に当たるなどすると、著しく表示速度が低下し、お客様にサーバー障害との誤解とご迷惑をおかけする可能性もございますので、サイトの窓口となるトップページのサイトシールは外させていただいております。
2006.8.27
サービス追加のお知らせ
ホスティングーのご契約と会社案内WEB制作パッケージにおいて、VISA、MASTER、NICOSカード(一括払/リボ払/分割払)によるクレジット決済が可能となりました。当ホスティングーのご契約と当WEB制作パッケージ以外のご契約につきましては、ご利用頂けませんので、あらかじめ、ご了承ください。
2006.8.19
サービス追加のお知らせ
マルチドメイン対応になりました。転送用URLとしてご利用になれます。
ドメイン1個につき、525円/月です。

2006.7.1
サービス変更・追加のお知らせ
ホスティングーの容量と価格を下記の通り、一部変更しました。
120MB:12,600円(税込)
300MB:19,800円(税込)
500MB:29,800円(税込)
1000MB:49,800円(税込)
お支払方法を年払のみにすることで管理を合理化させ、その分、サービス料金に還元しました。上記、料金には、ドメイン代(com,net,info,biz,orgのみ※jpドメインは別途4,500円 co.jpドメインは別途6,500円かかります)も含まれます。
2006.5.16
5月16日に発生いたしました、東京バックボーンネットワークにおける通信障害におきまして、下記の通り、障害発生から復旧までの経緯と今後の対策についてご報告申し上げます。

[経緯詳細]

5月16日
17:00頃:ルータにおいてCAMあふれ発生、処理負荷上昇、経路欠落の発生
17:40:経路情報のリセット等、対応を開始
18:15:トラフィックの一部を迂回させ、処理負荷を低減一時的に復旧
20:00:さらに別のトラフィックの一部を迂回させ、処理負荷を低減
21:00頃:再びCAMあふれ発生、処理負荷上昇、経路情報欠落の発生トラフィック迂回作業を開始
5月17日
0:30:可能なトラフィック迂回の完了
3:20:経路情報のリセットを実施
3:20〜6:00:個別経路喪失について、経路情報のリセットで対応
6:20:一部ネットワークにおいて経路情報喪失発生
7:18:経路情報のリセットを実施
9:36:経路情報のリセットを実施
12:03:ルータの緊急メンテナンス実施、ファームウェアのバージョンアップ、パラメータの変更、リブートを実施CAMの不整合を解消

[CAMとは]
経路情報を保存するためのルータ上に割り当てられた専用メモリのことです。 CAMがあふれると、ハードウェア処理が間に合わず、フォワーディング処理がCPUによって行われます。 CPU処理が過負荷になると、ルータの動作が不安定となり、経路情報の不整合や欠落が発生します。経路情報の不整合や欠落により、ネットワークの一部へのアクセスが不安定になったり、不通になる障害が発生します。

[対策]
CAMあふれの原因は、トラフィックの増大に対してルータの処理性能が不足していることが原因です。東京バックボーンネットワークが現在使用しているルータ装置は、トラフィック流量については現状を十分に処理しうる能力を有していますが、近年増大するIPアドレス(経路情報)に対して、十分なキャパシティを持っていないことが判明しました。昨日からのルータ障害において、東京バックボーンネットワークはパラメータの調整や経路情報の変更等で対応を試みましたが、CAMの不整合についてはリブートにより解消する方法しかなく、やむを得ず5月17日12:03にリブート処理を実施しました。ルータの処理能力の不足を解消するため、東京バックボーンネットワークにて装置の入れ替えを実施いたします。

1. 新規ルータの追加と負荷分散
5月18日早朝に、新規ルータを設置し、現行のルータの回線の一部の接続を変更します。この作業により、(1) 処理能力を十分に持った新型ルータを導入するため、今後長期に渡って大量の経路情報を十分に保持し、処理することができます。 (2) 旧ルータから回線の移動を開始し、負荷を低減し、同様の障害が起こることを防止します。 (3)ネットワークの接続性、安定性を第一に、順次回線の入れ替えを実施します。

2. 新規ルータへの交換
上記新規ルータへの負荷分散を進め、すべての回線を交換し、旧ルータを取り除きます。新規ルータは十分な処理能力を有しているため、交換によって完全に問題を解消できるものと考えています。 なお、上記1および2の作業によるお客様への影響はございません。

具体的な交換作業のスケジュールは以下の通りです。
5月17日
20:00 新規ルータの設置作業開始

5月18日
8:00 新規ルータのバックボーンネットワークへの投入開始
9:00 回線移動等、作業の終了

5月18日以降 ルータの動作の安定度を測りつつ、順次回線の移動を実施する予定

以上、ご査収の程、何卒、お願い申し上げます。
2006.5.5
GW中のお申し込みにつきましては、5/7以降のお手続きとなります。何卒、ご了承くださいませ。
2006.5.5
弊社ネットワークからは特に感知しておりませんでしたが、午前2時近くから一部経路において、不通というわけではなく速度低下障害が起きていた模様です。以下、調査結果です。
発生日時 : 2006年5月5日(金)午前1時48分〜2時20分頃
影響範囲 : 上位ネットワークの東京側バックボーンの障害により、サーバーサービス・東京側ハウジングサービスにてアクセス速度の低下が発生致しました。
4時35分追記 : 一部経路の不整合が生じておりましたが、午前4時10分に解消致しました。
以上です。上記、速度低下障害時にアクセスされたお客様にご不安をおかけしたことをお詫び申し上げます。

2006.5.2
リニューアルしました。
主な変更点は下記の通りです。
■100MB10,000円/年 コースを新設しました。
■500MB以上のコースは、年払いと月極払いの両方から選べます。
■ユーザHelp!用のフォームを新たに設けました。
■カード決済を一時的に停止しています。
今後ともKAMOSICA.JPをよろしくお願いします。
 
サービス
ホスティング
 
ビジネス・商用サイトに適した高速堅牢パワフルなホスティングサーバーです。ホスティングとして、メールサーバーとして、柔軟にご活用ください

初期費用設定無料
12,960円〜30,240円/年更新

詳しくはコチラ >>

専用サーバー(持込専用)
 
自己マシンを設置運用したい。セカンダリメールサーバー環境も必要。

初期設定費15,000円
40,937〜64,800円/月極

詳しくはコチラ >>

共用独自SSL
 
共用サーバーで独自ドメイン名でSSLが運用できます。こちらは、メールにも適用できますので、エンドユーザーからの信頼度も上がります

初期費用設定無料
10,800円/年更新

詳しくはコチラ >>

レンタルDNS
 
固定IPを持って居るのでWebサーバーやメールサーバー運営をしたい

初期費用設定無料
10,800円/年更新

詳しくはコチラ >>

VPS
 
ハイエンドスペックを少人数利用。テストケースで始めたいビジネスモデルを専用サーバー並の柔軟性ではじめたい等の御要望に最適

初期費用設定無料
20,520円〜25,920円/月極

詳しくはコチラ >>


2ndMX
 
送信元偽装メール対策を施したセカンダリメールサーバーサービス

初期費用設定無料
16,200円/年更新

詳しくはコチラ >>

  | 会社概要 | 特定商取引表示 | 利用規約 | プライバシーについて | 採用情報 |
copyright kamosica.jp all reserved